成長促進:コーチング

自分自身の本質的欲求から導き出される使命を自覚し、不変と変化を見極め、自主的な成長を促す。

自分自身の本質的欲求と社会からの承認欲求を深く洞察、認識することで、目的達成する意義、意欲を明確にします。その上で、目標に対して変えるべき部分と変えざる部分、足りない部分と既存資源を活用する部分とを明確に識別することで、本来、自分が行うべき責務に対して自主的な成長を促します。

サービスメニュー(法人)

1.経営者・経営幹部コーチング

経営者、経営幹部の性格、人生哲学、目標などを棚卸し、認識を深める一方、自社の経営資源、事業領域の現状を深く洞察します。一方、社会環境の変化、それに基づく、社会領域の本質的欲求の変化を予測、認識して、行うべき方策、スキルなどを定期的に確認します。

多くの成人は、1年に1回、定期検診を受けます。また、日本女性の健康寿命は世界一、さらに、日本食はヘルシーフードと注目されています。一方で、日本人の2人に1人は癌になる、さらに、先進国では癌の発症率が増加している珍しい国です。果たして、日本人は、健康なのでしょうか?健康でないならば、根本的な問題は何でしょう?そもそも、健康とは寿命と同義語でしょうか?前提を排除し、物事を対立構造、本質から深く考え、見えない部分にも光を照らし認識することで、次の一手、方向性を導き出します。

2. 経営者・経営幹部セッション

「自社の既存サービス、商品はなぜ売れたのか?」、「なぜ、失敗したサービス・商品は受け入れられなかったのか?」そもそも開発された経緯、バリューチェーンを振り返ることで、これまでの自社の判断をたどるだけではなく、なぜ、開発の芽が生まれたのか?その時の経営判断について認識を深めます。

また、これからの変化と自社との相関を理解し、イノベーティブなサービス・商品を作り出す思考法について理解を深めます。

オリンピック選手選考が、たびたび議論になります。話をむずかしているのは、「過去の実績」、「試合当日のパフォーマンス(可能性)」かの天秤です。国として必ずメダルということであれば、監督・コーチの裁量で当日、一番メダルに近い選手を独断と偏見で選ぶべきでしょう。一方で、国民全員が結果ではなく、選考のプロセスも一緒に共有、感動することが目的ならば、選考プロセスの実績を重視するべきではないでしょうか?

 目的を曖昧にすると、プロセスが曖昧になり、結果も曖昧になってしまいます。ビジネスも、目的と目標を明確に分けて設定、社員と共有することで、結果へも全員がコミットメントできるようになります。

17. グループワーキング(ワークセッション)

哲学、論理学等をベースに、日常業務が「なぜ、目的に対して必要か」について問いを立てる一方、非効率、非生産的に見える業務との二項対立の中から、本当に解消するべき問題、重要な課題を明らかにしていきます。

ワーキング(例)

  • 問題発見、解決トレーニング
  • 本質的欲求発見トレーニング
  • ビジネスプロセス
  • 働き方と企業文化

18. 社員コーチング

個々の社員が、通常業務で目的、目標から現状の進捗状況、問題、修正点を認識することにより、モチベーションを保ち、目標達成の確率を上げます。さらに、自己の強み、働く本質的欲求から、動因を探り、本当に達成するべきインセンティブを明らかにしていきます。

21. 中間管理職プログラム

目的、目標が明確になると、個々の社員裁量が大きくなり、組織マネジメントが逆説的に難しくなります。ただし、各社員のパフォーマンス、共有ナレッジ、また、質的バランスを組織内で差配することは、中間管理職の重要な役割です。さらに、チーム内での目的を定期的に啓蒙する、さらには、社員への問いに対する気づきを与えられるよう、コーチングについても理解を深めます。

25. 本質的欲求(動因)発見から商品・サービス開発までの全体プロセスワーキング

本質的欲求(動因)を発見してから、商品・サービス開発までの全体流れを学習します。商品・サービスを雇う理由である欲求がどのゆうに誘発されるかの動因について理解を深め、イノベーティブを創り出す源泉を学びます。

ファスト・ファッションのZARAは、潜在的欲求をマーケットで掴んで工場出荷まで、約3ヶ月と言われています。一例ですが、プロセスを短期にしつつ、最新トレンドを生み出し続けることにより、他社の模倣困難性を高め、独自領域を確保しています。

26. 営業社員育成プログラム/セミナー

情報、選択肢が多い昨今で、商品・サービスを売り込むのではなく、なぜ、自社の商品・サービスを使うことにより何が解決されるのか?さらには、カスタマーとクライアントの違い、その対応方法などを明らかにすることで、商品・サービスを一方的に特徴を売り込むのではなく、自社の経営理念の伝道師、事業領域のコーチへと変換していきます。

また、コーチとして必要な、因果関係、演繹法・帰納法などを学習して、お客様とのコミュニケーションに活かします。

27. 営業社員コーチング

組織の目的、目標と社員の自己実現との同期を合わせ、パフォーマンスが上がるよう、各自社員の定期的なコーチングにより、業績のみではなく、危機管理、メンタル・ヘルスの観点からもコーポレート・ガバナンスの維持、公衆衛生の管理により経営資源(人財)の向上を目指します。

プログラムメニュー 
 1経営者・経営幹部コーチング
 2経営者・経営幹部セッション
 17グループワーキング
 18社員コーチング
 21中間管理職プログラム
 25本質的欲求(動因)発見から商品・サービス開発までの全体プロセスワーキング
 26営業社員育成プログラム/セミナー
 27営業社員コーチング

サービスメニュー(個人)

6. パーソナル・コーチング

自己の強み、活躍するフィールド、目標へのアプローチを明確にした後、定期的に確認、伴走していくパートナー・プログラムです。

ダイエットに例えれば、ダイエットするためのアドバイス、質問を投げかけるのではなく、ダイエットを何故、行うべきか?の本質的な目的を深く意識することにより、より現実的な誘因がなされ、目標達成の確率を上げていきます。

6. パーソナル・コーチング